住宅やマンションの外壁塗装・屋根塗装にまつわる様々な疑問や不安を解消し、”納得”と”安心”を得て頂くための”外壁塗装専門のご相談サイト”です。専門業者としての経験を元に、誠実にお届けしております。【主な業務エリア】広島県の西部全域: 広島市(全区)、安芸郡、廿日市市、呉市、東広島市他

有限会社アート・テクニカル/

広島外壁塗装相談室

〒733-0032 広島市西区東観音町7-9

受付時間:8:30~18:30(日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

082-503-3500

戸建て住宅の塗装リフォーム事例

広島県大竹市・M.Y様/外壁カラリアート・屋根サーモアイSI

  • きっかけ 過去に塗り替えた外壁に異常、具体的には「ふくれ」の症状が出ていました。その原因が分からないこともあり、どこに相談するかお困りでした。その時に当社にご連絡を頂きました。

完成写真 

リフォームデータ

施工内容

外壁塗装工事

外壁サイディング張替工事

目地シーリング取替工事

屋根塗装工事

付帯部塗装工事

雨樋取替工事

波板張替工事

使用材料

外壁:

カラリアート(多彩模様塗料)

屋根:

サーモアイSI(遮熱塗料)

付帯:

ファインシリコンフレッシュ

雨樋:

アートフェイスH120

築年数築約20年
建物構造鉄軸サイディング・二階建
使用用途住宅

屋根既存仕上材

コロニアル
外壁既存仕上材窯業系サイディング
塗替え経歴

 

外壁には2つの大きな問題点がありました。

【問題点】

①1階部分の日当たりの良い部分を中心に、大小の気泡の様な丸い膨れが出ていること。

→以前塗り替えを行った塗装の層から膨れていました。高弾性系の塗料が塗られていることが災いして、下地の空気の逃げ場所がない為に丸い膨れ(気泡)が点在していました。そのままの状態では塗装は出来ない状況でした。

②ボードに大きなひび割れが出ている箇所があること。

→ひび割れというより、ボードが完全に割れている状態でした。取り外してわかりましたが、外壁サイディングボードの下地となる桟木の取り付け方にも問題がありました。

【解決策】

①旧塗膜を剥離して元の下地に戻す

→ボードの張替は高額になるので、旧塗膜を剥離させて改めて塗装する事を選択しました。

②ひび(割れ)ているボードを2枚分取り替える

→ハウスメーカーに問い合わせて、ボードを調達して張り替えることにしました。下地の桟木の調整もいたしました。

施工前&施工後

施工前

施工後 

施工前

施工後 

細部の完成写真 

お嬢さんが選ばれた色でツートン仕上げ。

今回は基礎部も塗装。

小庇はソフトブラックで。

剥離、ボード取替した面もきれいな仕上がり。

問題ボードの状況、一部ボード張替、旧塗膜の剥離の様子

ボードに大きなひび割れ/塗膜の丸いふくれ

ひび割れ/丸いふくれ(気泡)

ひび割れの大きいボードは張替しました。

気泡が出ていた旧塗膜の剥ぎ取り

剥離剤を使っての剥離作業です。

1階の外壁の2面について剥離させました。

お客様の声アンケート 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

082-503-3500

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)