住宅やマンションの外壁塗装・屋根塗装にまつわる様々な疑問や不安を解消し、”納得”と”安心”を得て頂くための”外壁塗装専門のご相談サイト”です。専門業者としての経験を元に、誠実にお届けしております。【主な業務エリア】広島県の西部全域: 広島市(全区)、安芸郡、廿日市市、呉市、東広島市他

有限会社アート・テクニカル/

広島外壁塗装相談室

〒733-0032 広島市西区東観音町7-9

受付時間:8:30~18:30(日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

082-503-3500

戸建て住宅の塗装リフォーム事例

広島県廿日市市・F.H様/外壁水性シリコン・屋根SUN瓦Uトップ

  • きっかけ 外壁の目地の亀裂などの劣化の状態をみて、ずっと心配して気になっておられたご様子でした。そこでネットで探され、当社との縁を頂きました。

完成写真 

リフォームデータ

施工内容

外壁塗装工事

屋根塗装工事

付帯部塗装工事

使用材料

外壁:

水性シリコン樹脂

オーデフレッシュSI

屋根:

強溶剤ポリウレタン

SUN瓦Uトップ(洋瓦用)

付帯:

弱溶剤シリコン樹脂

ファインシリコンフレッシュ

築年数築約14年
建物構造木造モルタル・二階建
使用用途住宅
屋根既存素材洋風コンクリート瓦
外壁既存素材モルタルの上、リシン吹付

 

「調査書」「御見積書」の送付時にお付けした手紙から

取り急ぎ「調査書」、「御見積書」並びに、「カタログ」を同封いたしましたので、ご査収いただければと存じます。

①屋根について

→現状は、「洋風コンクリート瓦」と言われる種類の瓦です。この瓦の塗り替えに際しては、塗装後の剥離事故に注意しなければならないタイプです。

→屋根塗料は、紫外線などの劣化要因が強い部分ですので、より強いものをおすすめします。その点を考慮して採用しましたこの「SUN瓦」(エースペイント=日本ペイント)は、ハウスメーカーの最上級仕様でもあります。

②外壁について

→ラスモルタルの下地ですので、割れを防ぐことを目的とする塗装が良いと思います。その為に、微弾性の下塗り材で少し肉付けをする塗装をすることがポイントです。

→最終仕上げについては、「水性シリコン樹脂塗料」クラスで十分と判断しています。しかし、最終仕上げ塗料については、他の選択肢もご用意できます。

お分かりになりにくい点が多々あることかと存じます。いつでもお気軽にお問い合わせ頂ければと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「コウモリ対策」も行いました。

地域にも拠りますが、こちらでは「コウモリ」が瓦の隙間などに巣を作りお困りになっておられました。その為、アルミのテープなどで対策するなどしておられました。

これについても、耐候性のある樹脂製のネットを装着するなどの施工をさせて頂きました。

【施工前】
瓦際にアルミテープを貼って対策

【施工後】
瓦の隙間にネットを装着

【施工後】
瓦の隙間にネットを装着

施工前&施工後

施工前

施工後 

施工前

施工後 

細部の完成写真 

オレンジ色の屋根と外壁がいい感じです。

胴差部は、ラスティグリーン色に。

付帯部は、柔らかいクリームホワイトで。

ここにも「コウモリ除けネット」を付けてます。

細部の施工前・施工中写真

外壁・小庇板金/塗膜劣化・藻等の汚染

胴差/目地劣化・塗膜劣化

換気口フード/藻・黒カビ汚染

2階の樋・屋根モニエル瓦/藻・黒カビ汚染

屋根モニエル瓦の施工中(下塗→中塗→上塗)

下塗り(洋瓦シーラ)

中塗り(エクセルガード)

上塗り(SUN瓦Uトップ)

色決め・カラーシュミレーション

施工前写真

シュミレーション

完成写真

カラーシュミレーションにつきましては、おおよそのイメージを感じて頂く程度としています。実際には、A4サイズの実物の色見本板で確認して決めて頂きました。

お客様の声アンケート 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

082-503-3500

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)